【症状】損益が気になって何度もチャートを見てしまう。

  • 一日中チャートを見てしまい、リラックスできない
  • 利益をいつ取ろうか」と何度も見てしまう。
  • 短期的な変動を気にしてトレード戦略を変更してしまう。

これらの症状でお悩みの方に「損益が気にならなくなる」処方箋です。

【原因】

損益を気にして何度もチャートを見てしまう原因としては次のものが挙げられます。

  • ポジションサイズが大きい
  • 自己評価や自己肯定感が損益に左右されている。

それぞれ説明していきます。

ポジションサイズが大きい

1つ目の原因は「ポジションサイズが大きい」からです。

例えば、損切りする時の事を想像してみてください。

一度の損切りで、資金の30%が減るほどのサイズでトレードしていた場合と1%のサイズでトレードした場合、どちらが心の負担になるかは答えなくても明らかですよね。

前者は1回1回が大勝負のような心理状態になってしまうので、チャートを見まくり、少しでも利益が出たらすかさず取ってしまうと思います。

ポジションサイズが大きい場合、成功や失敗に対する感情的なプレッシャーが高まり、結果を知りたくなる傾向になります。

また、大きな利益が出た場合には興奮し、次の取引に過度の期待を抱いてしまったり、損失が出た場合には、焦りや不安がつきまとうなど、日頃の感情の揺れ幅が大きくなってしまいトレードだけでなく日常生活にも影響を及ぼしてしまいます。

ポジションサイズが大きいと、成功も失敗も感情の揺れ幅が大きくなるため、早く結果を知って安心したい心理状況から、チャートを見る機会が多くなる。

自己評価や自己肯定感が損益に左右されている

2つ目の原因は、「自己評価や自己肯定感が損益に左右されている」からです。

これは簡単に言うと、「利益が出たら成功(自分偉い)、損失が出たら失敗(自分はダメだ)」という考えで、損益がトレードの評価の中心となっている、ということです。

そのような状態だと、例えば、「エントリーして一時的に利益が膨らんだけど、徐々に減ってきている」というチャートを見た時、

利益がなくなる=失敗になってしまう

という感情が出るので、チャートを監視し、利益が伸びていないのに取ってしまうのです。

ですが、チャートは波を打って上下するものですので、一時的に損失側に触れても、相場の流れが変わらない限りは再度利益方向に伸びていく可能性もあります。

その時に、再度同じようにエントリーできるのなら問題有りませんが、一度、微益撤退した場所でのエントリーは心理的に見送りがちになるので、最初から自分の決済ルールに従って、一貫性のある決済をしたほうが、自分のルールの期待値に近い結果を得られます。

トレードは、一連の取引の中での結果であり、単一のトレードの成否だけで判断するべきものでは有りません重要なのはトレードのプロセスや判断の正確性です。

利益が出たら成功、損失が出たら失敗という考え方をもっていると、損失を避けるため、チャートを監視してしまう。

【処方箋】

では、これらの原因を踏まえて「損益を気にしなくなる」にはどうすればよいでしょうか?

それには次の3つを試してみてください。

  • ポジションサイズを適切にする
  • 利益以外で自分を褒める
  • 損益を見るスパンを広げる

それぞれ説明していきます。

ポジションサイズを適切にする

まずは、1回の損切りで発生する損失を把握した上で、5回連続で損切りになっても心に影響が無いサイズにしてみましょう。

1回の損切りで1%の損失が出るのであれば、5回で5%です。

1回の損切り額では問題ないサイズにしていても、連敗するとそれなりの額になってくるので、あらかじめ連敗を想定した幅にしておくのがいいです。

その後、慣れれば少しずつサイズを上げてもいいですが、単に「連勝して調子がいいから上げよう」は、やめましょう。そういう時に限って痛い目を見ます。

オススメは、利益を重ねて来た所で、複利の要領で、利益を元金に組み込んでポジション数を再計算することです。

例)
100万円で10ロットで開始

110万円になるまでは、固定で10ロット

110万円になったので、ポジションサイズを再計算して11ロットに増やす

  • ポジションサイズを連続で損切りになっても心に影響が無いサイズまで落とす。
  • ポジションサイズを増やすのは「一定の利益が積み上がったら」がオススメ

利益以外で自分を褒める

「利益=成功」という考え方になっている人は、利益以外で自分を褒めてみましょう

それには、トレードノート(※)をつけるのがオススメです。
※1トレードにつき1つ、Excelでも手書きでも何でも良いので記録を残す

その中で、利益が出ようが、損失が出ようが、損益には触れず、自分のトレードルールの守れた点を褒めるようにしましょう。

例)
「25EMAに一度タッチして反発した所でエントリーした。ルール通りでGOOD」
「押し安値を割ったため損切りした。ルール通りなので素晴らしい」

これを続けることで、自己肯定感の基準が、損益」→「ルールを守る」に移ります。

注意したいのは、逆にルールを守らなかった時に、自分自身を責めないようにすることです。

トレードは自分自身のコーチングでもありますが、ダメだと叱責され続けながらトレーニングするよりも、「GOOD!素晴らしい!」と褒められながらトレーニングしたほうが伸びるのと同じで、自分自身もなるべく褒めるようにしてみてください。

慣れないと最初は気恥ずかしいかもしれませんが、一切コストは掛かりませんし、実践する価値はあります!

トレードノートの書き方については、下記の記事を参考にしてみてください。

  • 1トレードごとにルールを守った点を褒める。
  • 自分自身を責めない。褒める方を重点的に。

損益を見るスパンを広げる

損益を気にしないようにする、とは言え、成績を管理している人は多いと思います。

そのような場合は、成績を評価するスパンをトレードごとではなく、月1回に広げてみてください。

1トレードごとに損益を評価して改善しようとすると、ルールがぐちゃぐちゃになります

野球で例えるなら、1打席打てなかったごとに、バッティングフォームを見直そうとしているようなものです。そんな頻度で見直そうとしたらどれが正解なのか分からなくなりますよね。

月1回であれば、それなりにトレード数があると思うので(無い場合はもっと広げる)その中で、「ルールを守ったトレード」と「そうでないトレード」の勝率やリスクリワードを比較してみてください。

そうすると、ただ「儲かった、損をした」だけの評価よりも価値のある評価ができますし、ルールを守ることが重要ということがわかり、損益にこだわらなくなります。

  • 損益管理は月1回などそれなりのトレード数が集まったら行う
  • ルールを守ったかどうか、での差を評価してみると1トレードごとの損益が重要ではなくなる

まとめ

ポジションサイズが大きいと、結果を早く知って安心したくなる傾向があることから、チャートが気になって、薄利決済をしがちになります。

また、トレードの評価を損益で判断していると、損失を避けようとして、同様にチャートに張り付いて薄利決済をしてしまいます。

対策としては、ポジションサイズを適切にして、利益以外の部分で自分のトレードを評価していくようにしましょう。

また、損益を管理する場合は長めのスパンで、こちらも損益自体を評価するのではなく、ルールを守ったトレードとそうでないトレードの比較をできるようにしておきましょう。