【症状】逆張り思考がやめられない

  • 高値で売りを入れたら高値更新し続けて大損害
  • これ以上下がらないと思ったら最安値更新
  • 高値安値だと逆張りしたくなる

これらの症状でお悩みの方に「適切なタイミングを待てるようになる」処方箋です。

【原因】

逆張り思考がやめられない原因は次の2つです。

  • 反転しそうに見えてしまう心理効果
  • リスクリワードが魅力的

それぞれ解説していきます。

反転しそうに見えてしまう心理効果

まずひとつ目は、「アンカリング」という心理効果です。

これは、直近の高値や安値といった過去の情報(アンカー)に引きずられてしまう心理的な傾向で、例えば次のような状態です。

半年以上110~115円だった値段が1ヶ月ほどで120円に到達した。

ずっと110円台だったので、流石にこれ以上は伸びないだろうと、売りを入れる

では、この後の値段の推移を見てみましょう。

更に10円上昇し、130円まで到達しました。

115円で売りを持っていたら、15円ものマイナスとなります。

この後はどうなると思いますか?

でも、さすがに15円も上昇したら、もう下がりますよね・・・

↑これが「アンカリング効果」です。

調整は入りながらも、結局150円まで到達しました。(2022/3~2022/10のドル円)

このアンカリング効果を「高値覚え」「安値覚え」と言ったりもします。(上の例は安値覚え)

高値覚えは、例の逆です。

(150円が120円まで下がったら、安さを感じて、これ以上下がらないだろう、と感じる)

当然、いつまでも高値安値を更新し続けることはないので、どこかで反転はしますが、トレードの根拠としては弱く、ただ感情に流されているだけのトレードなので気をつけましょう。

  • 過去の高値や安値の印象(アンカー)を基準に、今の価格が高く感じたり安く感じたりする(アンカリング効果)ことで、反転しそうに見えてしまう。
  • アンカリング効果と気づかず、高値覚え/安値覚えでトレードするのは危険

リスクリワードが魅力的

2つ目は、逆張りは「リスクリワードが魅力的」であることです。

実はこれも、視点を変えただけで、アンカリング効果です。

例えば、先程のドル円の例で130円まで到達した時を見てみましょう。

最高値:131円

現在:130円

直近安値:115円

この状態で、売りを入れて、元の115円まで戻ったら、損切りラインを132円としても

損失1:利益15という、とても大きなリスクリワードとなります。

これは、最高値131円がアンカーとなり、ここは超えてこないだろう、というアンカリング効果

とても大きな利確幅の皮算用の相乗効果で、逆張りの売りを入れたくなってしまう場面です。

しかし、結果は前項の通り、150円まで到達しています。

むしろ、このような誰でも売りを入れたくなる場面というのは、機関投資家の格好の餌食で、まとまった買いを入れてロスカットを誘うと、反動で一気に抜けていきます。

ただし、リスクリワードを意識した損切りラインの設定はとても重要で、リスクが小さくリワードが大きい場所なら、必要なリスクとして負け覚悟で取りに行くのは、手法として全然問題ありません。

問題なのは、手法関係なく、パッと見た感情で「ここ反落したら美味しそう」で飛びつくのは良くないということです。なぜなら、ダマシにも合いやすく、利益が出ても再現性がないためです。

  • 高値/安値はリスクリワードが良く見えるため、逆張りしたくなる。
  • リスクリワードが良いからと、手法に関係なく飛びつくのはNG

【処方箋】

では、これらの原因を踏まえて「適切なタイミングを待てるようになる」処方箋です。

それには次のことを試してみてください。

  • 逆指値を使う
  • 反転の根拠が出るまでまつ
  • 下位足では順張り

それぞれ解説します。

逆指値を使う

1つ目は、「逆指値を使う」ということです。

逆指値については、下記記事にて解説しておりますので、わからない方はまずそちらをご覧ください。

逆指値の特徴は、「価格の流れに沿ってエントリーできる」という点にあります。

現在値よりも不利な位置で持つことにはなりますが、「価格が上に行ってる時はその流れで買い

下に行ってる時はその流れで売り」という持ち方になるので、局所的には順張りとなります。

なので、高値圏で売りを持ちたい時は、すぐ売りを持つのではなく、一定ラインを下回る位置に売りの逆指値を仕掛けておくことで、下に行く流れの中で売りを持つことが出来ます。

  • 逆張り注文をすると、局所的には順張りとなる。
  • 流れが変わると思われる場所に仕掛けると反転の流れにのりやすい。

反転の根拠が出るまで待つ

2つ目は、「反転の根拠が出るまで待つ」です。

利益率を上げるために、反転する前に先読みエントリーしたくなりますが、反転した事実を見てからエントリーするほうが確実です。

反転の根拠として使われるものをいくつか紹介します。

詳しく説明するとそれだけで記事が出来てしまうので、ここでは簡単にイメージを掴んでいただく程度です。

ダブルトップ/ダブルボトム

ダブルトップは、天井の反転の判断に使われます。

2回天井をトライして、下抜けするパターンです。

ダブルボトムはその逆で、2回底をつけた後に上昇していくパターンです。

どちらも、抜けた後にネックラインまで戻すことが多いので、そこでエントリーを狙います。(逆指値を設定)

トリプルトップ(三尊天井)/トリプルボトム(逆三尊)

トリプルトップは天井の反転の判断に、トリプルボトムは底の反転の判断に使われます。

1つ目の山より、2つ目の山の方が、三尊では低く、逆三尊では高いのが特徴です。

ネックラインを抜ける場所(下図①)に逆指値を設定するか、ネックラインを抜けた後、ネックライン付近まで戻して再度反転した所(下図②)をエントリーするのが一般的です。

押し安値を下抜け/戻り高値を上抜け

まず、押し安値/戻り高値とは、それぞれ次のようなものです。

押し安値:直近高値を抜いた起点となった安値

戻り高値:直近安値を抜いた起点となった高値

これは、ダウ理論でのトレンド状態を表しています。

この状態が崩れると、トレンドが終了した、と判断できます。

つまり、次のようなことです。

なので、押し安値を下回る位置に逆指値を設定しておけば、トレンドが終了した状態なので、順張りでのエントリーとなります。

  • 反転のパターンが出たのを確認し、それを根拠としてエントリーする。
  • 反転のパターンは、100%確実ではないが、無闇に逆張りするよりも再現性があるトレードが可能になる。

下位足では順張り

3つ目は、「時間足を1つ落として、下位足では順張りを狙う」ということです。

現在の足では逆張りになってしまうポイントでも、下位足に落とすと反転のパターンが出ていて、トレンドが転換し、順張りでトレードできることがあります。

大きい流れとしては、まだ逆張りで、流れに逆らっている状態なので、再び反転してしまう可能性はありますが、短期的な流れを捉えられることもあります。また、仕掛けるタイミングが早くなるので、上位足の反転をいち早く捉えられることにもなります。

上位足・下位足どちらも逆張りで仕掛けるよりは、勝率が上がるかと思います。

このように、時間足を複数切り替えて分析することを、「マルチタイムフレーム(MTF)分析」と言います。

  • 下位足では順張りを仕掛けるようにすると、早めに流れを捉えられる可能性がある。
  • 1つの時間軸だけでなく、複数の時間軸で分析(マルチタイムフレーム分析)をすると視野が広がる。

まとめ

逆張りをしてしまうのは、

「反転しそうに見えてしまう」心理的な側面

「高いリスクリワード」をあげられそうに見えてしまう欲求

が原因でした。

対処法としては、「反転の根拠を複数の時間軸で見つけ、逆指値注文でエントリーする」ことで、安易な逆張りを避けることができ、適切なエントリーのタイミングを待つことができるようにます。

是非試してみてください。